たくみのせとうち不動産事業2

瀬戸内海で戸建を中心に不動産賃貸業やってます。

不動産オーナーこそ変えられる

せとうち地域で戸建賃貸を運営しております。

たくみの戸建運営の軌跡は→こちら

過去の記事の引っ越しがうまくいっておりません。申し訳ないですm(__)m
たくみのせとうち不動産事業(1)→こちら

 

おはようございます。 

たくみです。

 

腰痛が続く時は風呂入り、柔軟

ゴロゴロ寝るだけ…少しマシになったらサウナへ行って体をすっきりさせてこよう

 

腰痛時にやれることは本を読むことですね

 

 1日1回ぽちっ!と押してやってください。皆様のぽちっ!が毎日の栄養剤なんです(^^♪


人気ブログランキング

 

Amazonpaperwhiteで

 

 

地方を変えるのは

 

不動産オーナー

 

だと言い切ってるお話が響きます

 

地方創生で失敗してるのは不動産オーナーのせい

地域の為に身銭を切って投資出来るかどうか?

自分だけが儲かるのではなく、地域の価値を上げれば最終的に自分の利益になる

という考え方

 

なるほど…

 

補助金なんかに眼がいきがちだけど、それにも警鐘を鳴らされてますね

補助金目当てになると、自分達ばかりの利益に着目してしまう。

 

不動産オーナーが地域全体の価値を上げて利益を循環させられるような仕組みを作る

 

自分の事業もそうだけど、地域全体が沈んでしまったら自分の事業もうまくいかない。

 

所有権って庶民が持つには強い力。

誰にも簡単には動かせない権利。

 

所有権って元々先住民がいたアメリカでも無かった権利だったそうだし、それで世の中うまくいってたらしい。だから最適を全員で目指せてた。

 

最適な土地で考えると

 

例えば中国は土地の所有権が無いから権力で最適を作るからスピードも早い

シャッター商店街なんて困ってないから所有権を手放さないから最適が作れていない

町並みが整っているような古い地域は大体「借地権」が多いところは最適を街全体で作るって聞きます。

 

土地毎に新陳代謝が起こってるってことですね

 

どんな形であれ、不動産オーナーになったからには利益も良いけど、最適な地域って何なのかな?って考えることも必要ですね

今持ってる土地がどういう価値を持たせられるか?

個別で考えていきましょ

 

腰痛になったおかげで考えることも出来ました。

 

以上です


今日も目の前にあることを面白がりましょう

 

 1日1回ぽちっ!と押してやってください。皆様のぽちっ!が毎日の栄養剤なんです


人気ブログランキング

 

 読んだ本の備忘録:せとたくみ - 読書メーター

Twitterはこちら→たくみ@せとうち不動産事業2 (@takumi_3oku) | Twitter

 たくみのせとうち不動産事業2017年~2020年1月までのブログ→こちら


#岡山 #兵庫 #広島#瀬戸内 #サラリーマン大家 #脱サラ #不動産投資 #戸建投資 #ボロ戸建#戸建#不動産賃貸業#残置物#リフォーム #不動産#取得税#リスク#失敗#利回り#節税#ローン#本#中古住宅#中古#選び方#運用#副業